にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村                                 

【近日開催ガイダンス】

2. リアリスティックに見る司法書士試験とは? & シャドウイング学習法
2月1日(土)18:30~19:30 東京本校(東京本校の地図はこちらをご覧下さい)

※平成27年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座のその他のガイダンス日程は,以下のページからご覧下さい。
【トップ固定記事】担当講座・ガイダンス
リアリスティック司法書士試験/担当ガイダンス
【記述の開示請求答案募集】 ※特典あり※

記述の開示請求答案(平成25年度司法書士試験)を募集しております。
詳細は開示請求答案(平成25年度司法書士試験・記述式)募集のご案内をご覧下さい。 

——————————————————————–

答練・模試のシーズンが近づいてきました。
そこで,本試験の解き方と答練・模試の使い方についてのガイダンスを行うことになりました。
“リアリスティック式”解き方&答練模試の使い方
2月15日(土)演習17:30~19:30 解説20:00~21:30
東京本校(東京本校の地図はこちらをご覧下さい)
チラシはこちら(PDF),又は,以下の画像からご覧下さい。
“リアリスティック式”解き方&答練模試の使い方
問題の素材は,辰已法律研究所さんのPre司法書士オープンを使用します。
Pre司法書士オープンを受験された方は,問題をお持ち頂き,解説(20:00~21:30)からお越し下さい。
受験されていない方は,演習タイムを設けましたので,演習(17:30~19:30)からお越し下さい(ガイダンスで扱う主要4科目の択一問題を解いて頂きます)。
司法書士試験は,圧倒的な実力のある方(合格者の方のうち数十人)を除いて,本試験当日の立ち居振る舞い(どのように解くか,未出の肢が出たときにどうするかなど)で合否が決まります
このガイダンスは,「本試験ではこのように解いて下さい。そして,直前期(4月~6月)に(答練)・模試・年度別の過去問集で,それを練習して下さい」というものです。
余程意識して練習をしておかないと,本試験当日に不合格になる方の解き方(普通の解き方)になってしまいます。 
よって,辰已法律研究所さん以外で,答練・模試をご受講される方もお越し下さい(辰已法律研究所さん以外の答練・模試で練習して下さい)。
また,「答練・模試をどのように使うか」という話をします。
メインは,「未出の知識をどのような判断基準で拾うか?」ということです(まあ,全く拾わなくてもいいんですが)。
よく「正答率50%以上の問題の未出の知識を拾え」と言われます。
統計学的に一定の意味はありますが,こんないい加減な基準で拾わないで下さい。
たとえば,持分会社の午前に関する知識で,正答率50%以上の問題だからといって,未出の知識を拾うのはあり得ません。
平成18年度~平成25年度の持分会社の午前の出題で,通常のテキストで正解が出せなかった問題は,1問もありません。
よって,このガイダンスでは,各分野の難易度や平成26年度司法書士試験で出題が予想される分野を基に,「◯◯の判例知識であれば拾って下さい」などという話をします。
言葉は悪いですが,答練・模試に高いお金を払うわけですから,「正答率50%以上の問題」などといういい加減な基準を基に答練・模試を使わないで下さい。
リアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講中の方
2月15日(土)であれば,多くの方が,会社法・商業登記法の講義を終えていると思いますので,必ずご受講下さい(会社法・商業登記法の講義の途中であっても結構です)。
普段,通信でご受講中の方も,東京本校にお越し頂ける方は,LIVEでご受講下さい。
たまにLIVEのガイダンスに出ると,モチベーションアップにつながります。
 
また,講座専用ブログのトップの記事に,Pre司法書士オープンの主要4科目についてのテキストの根拠ページ(肢ごとにテキストのどのページに根拠があるか記載しています),及び,不動産登記(記述)の答案構成を掲載していますので,受験された後でご覧下さい。
 

松本 雅典

リアリスティック一発合格松本基礎講座(全117回)
2015司法書士試験アリスティック一発合格松本基礎講座


開講まで時間がありますが,お申込み頂くと,開講前に民法の講義(全24回)はお聴き頂けます。
民法先行学習(PDF)
民法先行学習(画像) 

 

無料体験

リアリスティック一発合格松本基礎講座の無料体験受講は,随時可能です。

詳細はこちらをご覧下さい。 

↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ