答練・模試の解き方・受け方についての公開講座が,YouTubeにアップされました。

 

新型コロナウイルスの影響でLIVEにご参加いただけなかった方は,YouTubeでご覧ください。

※新型コロナウイルス感染症への対応についてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

答練・模試の解き方・受け方を知るための90分

*公開講座内で使用しているレジュメはこちら(PDF)からご覧いただけます。

 

 

 

答練・模試は本試験のシミュレーションですので,解き方は「本試験でこう解いてほしい」というものです。

 

前半(0:00~) ―― 解く順序・時間配分

私がお薦めする択一の解く順序は,問題順ではありません。

たとえば,午後択一は「第11問から解き始めて第1問に戻ってくる(マイナー科目)→第28問~第35問(商業登記法)→第12問~第27問(不動産登記法)」です。

理由も説明していますが,得意科目・苦手科目に応じてご自身でカスタマイズしてください。

 

時間配分については,決めていただきたい「ルール」を説明しています。

 

 

後半(38:45~) ―― 解答スピードを上げる方法・ケアレスミス対策・答練模試の復習方法

実際の問題を使って,「表形式の問題はすべての項目を見なくても答えを出せる場合がある」など,解答スピードを上げる様々な手法を説明しています。

これらの手法を知っていただき,答練・模試で練習してください。

 

ケアレスミス対策は,方法を5つ示していますので,採り入れてみてください。

 

答練・模試の復習は,「次は気をつけよう」ではダメです。

間違えた問題の分類方法などを説明していますので,参考にしてください。

 

 

 

公開講座ではすっかりご案内を忘れていましたが,答練・模試の解説は私も担当します。

多分,辰已法律研究所さんとしてはこの宣伝をしてほしかったはず笑

以下の記事をご覧ください。

 

 

 

 

松本 雅典