私が直前期に担当する講座は,以下のものとなります。

 

 

このページの目次

1.「リアリスティック演習民法(全4回)」

 

受講形態

・Web(お申込み後随時視聴可)

・DVD(お申込み後随時発送)

 

問題の内容

・全問新作問題

*いずれも民法択一35問

 

・全4回すべて民法全体から出題

 

・総則・債権・相続の出題数が多めで改正法の問題の比率が高い

この演習講座は,過去問ではカバーしきれない以下のような点をカバーする講座です。

 

①改正法ではポイントがズレてしまう

ex. 債権譲渡の過去問では,異議をとどめない承諾についての肢が多数あります。しかし,改正法では異議をとどめない承諾の制度が廃止されました。よって,過去問で「異議をとどめない承諾をした」とあった場合,それは意味がないことになるのですが,そのことは改正法ではポイントにはなりません。

 

②新設された制度については,過去問がない

ex. 定型約款,配偶者居住権・配偶者短期居住権,特別の寄与

 

各回の論点は,以下のとおりです。

※民法に自信のない方は出題論点の予習をしてから受けていただいてもOKです。

※本試験のように受けたい方は,以下の論点表はご覧にならないでください。

 

 

 

リアリスティック演習民法・論点表(PDF)

 

民法で4回ありますので,このように,改正点だけでなく民法の論点をひととおり網羅できます。

 

難易度

問題の難易度は,「本試験の易し目の年度」と同程度です。

本試験当日であれば,余裕をもって合格するには30問正解を目標にしたい難易度です。

本試験までまだ少し時間がある時期ですので,この程度の難易度がちょうどよいかと思います。

 

レジュメ

問題・解説とは別に,以下のようなテキストの根拠ページと過去問の根拠を記載したレジュメを配付します。

 

 

 

 

テキストは,私の『リアリスティック』テキストのものですので,お持ちでない方は「テキスト」の項目は参考程度にしてください。

 

過去問知識は,間違えた場合は真っ先に復習してください。

 

解説講義

以下のように進めていきます。

 

1.「本試験当日であっても間違えてもよい問題」の指摘

  ↓

2.各問題の冒頭で「正解を出すのに使うべき肢」の指摘

いわゆる「決め肢」です。

人によって異なるので,私の指摘どおりでなくても構いませんが,参考にしてください。

「これはどんなテキストにも載っている知識ですが,ここまで正確に記憶している方は多くはないので,使わないほうがいいです」「この肢とこの肢だと,肢の構成からこの肢のほうが誤りがある確率が高いです」など択一の解法を説明していきます。

演習講座で最も伝えたいことが,この「解法」です。

同じ知識でも正解数が変わるのが,司法書士試験です。

同じ知識で1問でも多く取れるようにしていきます。

  ↓

3.肢の解説

理由付けはもちろんですが,それだけでなく,思い出し方や他の知識にも使える視点を説明します。

 

 

↓↓講座の特徴を説明した紹介動画もあります↓↓

 

 

 

本講座のウェブ上での申込みは,WEBスクール(辰已法律研究所さん)でできます。

 

 

2.「全国総合模試(全2回)」

 

受講形態

・LIVE

・Web

・DVD

 

日程

私は,第1回の解説講義を担当します。

 

・GWコース 4月19日(日)or 4月22日(水)

・5月コース 5月17日(日)

・6月コース 6月6日(土)or 6月7日(日)or 6月8日(月)

私がLIVEで解説講義を行うのは,GWコースの「4月19日(日)」のみです。その他の日程や通信(Web・DVD)で受験される場合は,Web,DVD,ビデオブースで解説講義をお聴きください。

*緊急事態宣言および令和2年度司法書士試験の延期を受けて,LIVEおよびビデオブースは中止・延期させていただきます。Web・DVDでのご受講をご検討ください。

 

 

3.「司法書士オープン総合編(全8回)」

 

受講形態

・LIVE

・Web

・DVD

 

日程

私は,第6回の解説講義を担当します。

 

5月9日(土)or 5月10日(日)or 5月14日(木)

私がLIVEで解説講義を行うのは,5月9日(土)のみです。その他の日程や通信(Web・DVD)で受験される場合は,Web,DVD,ビデオブースで解説講義をお聴きください。

*緊急事態宣言を受けて,LIVEおよびビデオブースは中止させていただきます。Web・DVDでのご受講をご検討ください。

 

 

4.「Cランク判例・先例で帳尻合わせ講座(全1回)」

 

昨年度まで,私の基礎講座の受講生の方限定で行っていたものです。

※私の基礎講座の受講生の方は,手続をしていただくと無料でご受講いただけます。詳細は,辰已法律研究所さん(03-3360-3371)までお問い合わせください。

 

受講形態

・LIVE

・Web

・DVD

 

日程

・LIVE 5月31日(日)14:00~16:00 東京本校

・Web  6月5日(金)視聴開始

・DVD  6月8日(月)発送開始

*緊急事態宣言を受けて,LIVEは中止させていただきます。Web・DVDでのご受講をご検討ください。

 

受講するメリット

・答練・模試の知識を闇雲に拾わなくて済むようになる

・合格者でも正答率が低い問題を解ける確率が上がる

・テキスト掲載の基本知識を思い出せなかった場合に,Cランク知識によって答えを出
せることがある

 

講座内容

基本テキストの知識のみで合格は可能です。

しかし,通常の基本テキストに掲載されていない知識でも,知っていると正答率が低い問題を正解でき,正答率が高い問題を間違えたときの“保険”となる可能性があるものがあります。

正答率が高い問題を間違えてしまった場合に帳尻合わせができる可能性がある知識,それがこの講座で扱う「Cランク判例・先例」です。

この講座では,通常の基本テキストに掲載されていないが,特に押さえておきたい判例・先例などを取り上げ,以下のポイントを講義します。

 

・判例・先例などのうち押さえておくべきフレーズ

・事案の解説

・結論にいたった理由

 

昨年度の的中実績

昨年度に実施した同講座のCランク判例・先例30個中5個が令和元年度本試験で出題されました。

 

的中例①

 

 

 

的中例②

 

 

 

本講座のウェブ上での申込みは,WEBスクール(辰已法律研究所さん)でできます。

 

 

5.「本試験出題予想会(全1回)」

 

受講形態

・LIVE

・Web

・DVD

 

日程

・LIVE 6月20日(土)18:30~21:50 東京本校

・Web  6月22日(月)視聴開始

・DVD  6月26日(金)発送開始

*令和2年度司法書士試験の延期を受けて,実施を延期させていただきます。試験直前に受講する意味のある講座ですので,延期後の試験日が発表され次第,実施日程を発表いたします。

 

講座内容

科目ごとに予想論点を申し上げます。

その後,予想論点についての「核」を申し上げます。

核とは,「記憶しておけば,複数の知識を一気に記憶できる視点やフレーズ」のことです。

ex. 「無権代理と相続の論点は,お持ちのテキストに何ページも説明が書かれているかもしれませんが,最も重要な追認拒絶ができるかどうかは,◯◯の視点で終わりです。ただし,1コだけ例外はありますが。」

 

昨年度の的中実績

択一の予想論点も多数的中していますが,的中した場合に大きい記述について掲載いたします。

令和元年度は,不動産登記(記述)も商業登記(記述)もメイン論点が的中しました。

 

 

的中例①―不動産登記(記述)

 

 

 

令和元年度の不動産登記(記述)は,敷地権が賃借権である敷地権付き区分建物が出題。令和元年の本試験出題予想会の上記のレジュメの①や③の論点が出題。

 

 

的中例②―商業登記(記述)

 

 

 

他の予備校が株式移転を予想するなか,過去問などの分析に基いて最も出題確率が高い論点として吸収合併を予想したところ,吸収合併が出題。

 

 

本講座のウェブ上での申込みは,WEBスクール(辰已法律研究所さん)でできます。

 

 

 

松本 雅典