国会に提出されていた民法改正案ですが,今国会での成立は見送るそうです。
自公 労基法や民法の改正案 今国会の成立見送り 
 
改正案には,附則に「公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する」とありますので,来年の平成29年の国会で成立すれば,平成32年4月の施行などが考えられます。
民法は究極の一般法ですから,民法改正に伴い多数の法令の改正が必要となります。
また,枝番を増やしまくる改正なので,当初の予想よりは条文番号がズレなそうですが,ズレる条文もあるので実務の契約書のテンプレートなどの変更も必要となり,かなりの準備期間が必要です。
改正後,すぐに施行されることはないでしょう。
司法書士試験とは当分は関係なさそうですね。
私は改正の勉強は続けますが,みなさんは現行法をしっかりと勉強してください。
松本 雅典
資格試験関連のその他のブログをご覧になれます
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ