お使いいただいている方にできる限り広く伝えたいので,この記事をツイート,シェアなどしていただければ幸いです。

 

 

※2018年2月17日,Ⅲの誤植を1つ追記しました。

※2019年1月3日,Ⅱの誤植を2つ,Ⅲの誤植を1つ追記しました。

※2019年2月2日,Ⅲの誤植を1つ追記しました。

※2019年6月4日,Ⅲの誤植を1つ追記しました。

 

 

『リアリスティック民法』をお使いいただきまして,ありがとうございます。

 

同書をテキストとして使用した基礎講座(民法)のLIVE講義が,2017年7月20日(木)に終了しました。

予習・講義をする中で,再度,条文・判例・学者本などとの照らし合わせをしました。

また,受講生の方からご指摘いただいた点もあります。

その結果,以下の誤植が判明しました。

すでに出版社のWebサイトやブログでは公開されていますが,こちらでもお伝えいたします。

 

 

 

■『リアリスティック民法Ⅰ[総則]』
*今のところ誤植は発見されていません。

 

 

 

■『リアリスティック民法Ⅱ[物権]』

 

誤(×) 正(◯)
本テキストご利用にあたっての注意ⅺ/9行目
2019年1月3日追記
型担保 型担保
P56/下から7行目
2019年1月3日追記
物権です。 物権です。

 

「P56/下から7行目」の誤植は,『司法書士試験 リアリスティック民法Ⅱ[物権]債権法改正・相続法改正完全対応版』のP57/13行目についても同じです。

債権法改正・相続法改正完全対応版のテキスト出版後に合格者の方にご指摘いただいたため,債権法改正・相続法改正完全対応版でも直っていません。

申し訳ありません。

 

 

■『リアリスティック民法Ⅲ[債権・親族・相続]』

 

誤(×) 正(◯)
P108/7行目
2019年2月2日追記
への譲渡について
P331/1~2行目
そのサッカーボール小学校の脇の道路にいた被害者に当たり
そのサッカーボール小学校の脇の道路にいた被害者が避けようとして転倒し
P346 の3./4行目と5行目 「下にいって上に」 ※削除
P374 /下から7行目
2018年2月17日追記
優先 優先
P405 /下から1行目
2019年6月4日追記
養親と ※削除
P493/3行目
2019年1月3日追記
誰の遺言特定するためです。 誰の遺言かを特定するためです。

 

「P405 /下から1行目」の誤植は,『司法書士試験 リアリスティック民法Ⅲ[債権・親族・相続]債権法改正・相続法改正完全対応版』のP442/下から7行目についても同じです。

債権法改正・相続法改正完全対応版のテキスト出版後に読者の方にご指摘いただいたため,債権法改正・相続法改正完全対応版でも直っていません。

申し訳ありません。

 

 

 

ご迷惑をおかけしまして,大変申し訳ありません。

責任は,すべて著者である私にあります。

 

誤植が発見された場合に迅速に広くお知らせすることは,最も重要なことであり,出版社と著者の責任です。

よって,今後も誤植が発見され次第,迅速にお知らせいたします。

 

 

 

『リアリスティック不動産登記法』についての誤植は,以下の記事をご覧ください。

 

 

 

  • 判例変更

『リアリスティック民法Ⅲ[債権・親族・相続]』の発売後の平成28年12月19日に最高裁の決定があり,判例が変更されました。

これに伴い,P469・470の一部に修正が必要となりました。

以下のPDFデータからご確認をお願いいたします。

 

遺産の共有・遺産分割についての判例変更(PDF)

 

 

 

松本 雅典