5月5日(木)に開講した,平成29年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座の民法(本講義)第1回の講義がYouTubeにアップされています。
民法(本講義)第1回は,丸ごと無料でご覧いただけます。
民法(本講義)第1回 
※講義内で使用しているテキストの該当部分は,こちら(PDF)からご覧いただけます。プリントアウトし,ガイダンスをご覧ください。

  • どの基礎講座にするかご検討中の方
色々な予備校の無料動画などをご覧になり,どの講座にされるか検討されていると思います。
決め手となるのは,やはり「法律の講義」です。
無料ガイダンスで抽象的な方法論ばかり話す講師も多いですが,それは信義に反します。
1年間受けるのは,「法律の講義」なのですから,法律の講義をご覧になって判断してください。
私の講義は,上記の本講義1回目と,先日の記事に掲載しました「民法の全体像1・2」「会社法の全体像1・2」が公開されています。
また,これら以外にも,体験講義の経験がない方であれば,東京本校のLIVE講義にお越しいただければ,1回分の講義(民法2回目など)は体験できます。
あまりゴチャゴチャ申し上げても仕方ないので,実際の法律の講義をご覧になって判断してください。
 
  • 平成28年度の合格目標の方
平成28年度の合格を目指している方も,「2:28:00~3:01:50」の部分だけはご覧いただくことをお薦めします。
※平成28年度向けの私の基礎講座をご受講された方は,ご覧いただく必要はありません。
「成年後見・保佐・補助の同意権・代理権・取消権」のハナシですが,ここらへんって「保佐人には民法13条1項の行為に同意権があり,同意が必要な行為は被保佐人が単独で完全に有効に行えないが(民法13条1項),それ以外の行為は被保佐人が単独で完全に有効に行える」とか……,頭が痛くなってきますよね。
これを解くカギ(=本当に理解する方法)が,以下の2つの視点なんです。

『Realistic Text 民法Ⅰ』P18
(『Realistic Text 民法Ⅰ』P18より一部抜粋)
『Realistic Text 民法Ⅰ』P23

(『Realistic Text 民法Ⅰ』P23より一部抜粋)

※参考記事
成年被後見人,被保佐人,被補助人についてはこの2つの視点を持ってください
市販テキストだと,こういうハナシって,ほとんど書いていないんですよね……。
これを説明しているのが,この1回目の講義の「2:28:00~3:01:50」です。
以下のプレーヤーは「2:28:00」を頭出ししていますので,「成年後見・保佐・補助の同意権・代理権・取消権なんて大丈夫!」という方以外は,ご覧になることをお薦めします。
無料で公開されているものは,活用してください。

担当講座

リアリスティック一発合格松本基礎講座

 
松本 雅典

資格試験関連のその他のブログをご覧になれます 

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ