10月3日(木)に,2019年度司法書士試験(筆記試験)の合格発表がされます。

 

択一の基準点を突破されている方は,「受かっているだろう。やっぱダメかな。」と何度も考えたり,記述の自己採点を繰り返したり,他の受験生の方の記述の出来の情報を集めたりされたと思います。

 

これは,受験生時代に私がしたことでもあります。

筆記試験後は何もできることがないので,この時期が精神的に1番辛かったです。

筆記試験前の直前期のほうが楽でした。

そういった方も多いと思います。

 

私は,周りには「ダメだと思います」と言っていたんですが,本心では「受かっていて欲しい。もしかしたら引っかかっているかな。」と期待していました。

「期待しないようにしよう」とは思うのですが,どうしても期待してしまいます。

でも,できることはない。

だから,この時期が1番辛いです。

 

ですが,それももう少しで終わります。

 

10月3日に掲示されるものが,この試験にかけたすべての時間・労力に対する結果であり,他の何かで得られるものではないので,怖いとは思いますが,ご自身の眼でご覧ください。

 

 

 

松本 雅典