先日行った,答練・模試(≒本試験)の解き方を説明した公開講座がYouTubeにアップされています。

 

 

・現代の本試験に対応できる答練・模試&本試験の解き方

*レジュメは,以下からご覧いただけます。

本体(PDF)

 

問題(PDF)

 

 

 

公開講座の内容とまったく関係ないんですが,YouTubeって,以下のキーを押すことで「ちょっと戻したり」「ちょっと進めたり」ができるって,ご存知でした?

 

・「J」:10秒戻す

・「L」:10秒進める

*「K」は一時停止です(「スペース」で停止する人のほうが多いでしょうか)

 

・「←」:5秒戻す

・「→」:5秒進める

 

 

私は,最近になって知りました……。

有名なハナシだったら,すみません。

 

私は,ちょっと戻したいor進めたいときに(「聴き逃したからちょっと戻りたい」とか多いんですよね),今までは以下の赤い部分を使っていました。
なかなかピンポイントで合わなかった……。

 

YouTube

YouTube

 

 

公開講座の内容は,以下のようなものです。

 

 

・大砲理論(答練・模試の調整の仕方)

 

・解く順の案

「飛ばすべき問題」や「不動産登記(記述)と商業登記(記述)の出題論点を数分で確認する方法」などのハナシも

 

・時間配分の案

「損切り→逆指値で注文」「記憶しておくべき時間」などのハナシも

 

・全肢読むか(全肢読まない場合にまず読む肢)

 

・ケアレスミス対策

 

 

私の基礎講座をご受講中の方は,この公開講座は講座の一部ですので,まだご覧いただいていない方は必ずご覧ください。

 

 

 

松本 雅典