以下の模試の反省方法の「技術編」に続き,精神面編です。

 

模試の反省方法(技術編)
ほとんどの方が,すでに模試を1回は受けたと思います。そこで,これまで個別相談(面談,電話,メール,講座専用ブログなど)で申し上げてきた模試の反省方法(本試験への活かし方)のいくつかを書いておきます。*この記事では,精神面でのハナシではなく,技術的なハナシに絞って書きます。未出の知識を拾う必要があるか?→不要です。模試で

 

 

そんなにすごい精神力が要求されるわけではない

普通の講師は,以下のようなアドバイスをします。

 

・「模試の結果を気にするな」

感情や印象は外的要因で起きるので,「こう感じろ」と言われて,すぐに「そう感じる」のは無理です。

たとえば,「松本の顔を見てイケメンだと思え!」と言われても,不可能ですよね。

模試の結果も同じで,目の前に点数があるんですから,感情は動きます。

後でも記載しますが,メンタル対策は,まず「落ち込む(正確には落ち込まされる)」といったことを認めることから始まります。

 

・「自分との闘いに勝て」

そんなことができるなら,「自分との闘いに勝つ方法」という講演会をするだけで生きていけます。

他人との闘いだから,勝てるんです。

 

・「諦めるな。最後まで諦めるな。」

小さく諦めていかないと,普通の人は精神が持ちません。

「諦めない=素晴らしい」という美徳は,この国の悪しき言い伝えです。

私は,日々の勉強も,本試験の問題も,小さく諦めまくったから合格できました。

模試の反省方法(技術編)にも書いたとおり,「どれだけ諦められるか」,これなんです。

 

「模試の結果を気にするな」「自分との闘いに勝て」「諦めるな。最後まで諦めるな。」,これが全部できるのは,「悟りの境地」です。

この間読んだ仏教の本(私は無宗教ですが勉強のために読みました)に,「仏陀は~の境地に達していた」という説明がありましたが,普通の講師が求めているレベルは,それに近いものを感じます。

仏教が目指している悟りの境地は,主に「模試の結果を気にするな」(=何事にも動じるな)の部分だと思いますが。

 

司法書士試験に合格するのに,そんなに強いメンタルは要りません。

「講師の言うように考えられない」なんて思う必要はありません。

あれは,悟りの境地です。

少なくとも,私には無理です。

 

以下のツイートの件もそうですが,普通の講師が求めているレベルは,私なんかでは到底たどり着けない境地なんです。

 


 

ではどうするか?

大枠は,以下の3Stepです。

 

 

Step1 気持ちが落ちている状況を認め,理解する

無理に「模試の結果を気にしない」と思おうとしないでください。

 

「私は,模試の結果が悪くて落ち込んでいる」「『これまでやってきたことは何だったんだ……』と思っている」と認めてください。

状況をよく理解してください。

 

 

Step2 原因・現在の状況を書き出す・声に出す

その状況を,書き出したり(スマホに打ち込むのでもOKです),声に出したりしてください。

 

 

Step3 対策を考える

この「対策」とは,精神面の対策です。

 

Step1やStep2は,メンタル系の本で大体共通して書かれていることです。

しかし,このStep3は,本によって違います。

どれがみなさんに有効かわからないので,いくつか書いておきますね。

使えそうなものを採り入れてください。

 

■「過去」を思い出すタイプ

・過去の成功体験(ex. 中学受験や大学受験の成功体験)を思い出し,「今度もうまくいく」と考える

過去の成功体験がある人は,これで。

 

■「未来」に希望を見出すタイプ

・合格後の「社会的地位」でも「金」でも「社会貢献」でも「幸せな結婚」でも何でも構わないので,それをモチベーションにする

 

■「いま」に集中タイプ

・「いま」だけに集中する(普段の学習であれば目の前のページ,本試験であれば目の前の肢だけに集中する)

「集中」とは,目の前のことだけを考えるから「集中」なんです。

これができるのが理想と書いている本や著名人は多いですね。

ただ,完璧にこれができれば,それも「悟りの境地」なので,「今のことだけ考えられない……」と考える必要はありません。

 

■身体を動かす

・ランニングをする(身体に影響しない程度で少し疲れるまで走る)

・筋トレをする

・カラオケなどで声を出す

 

■考え方を変える

・実際に何点取れるか,合格できるかは,完全に自分がコントロールできることではないと考える

私たちにできることは,点数が上がるよう,最後まで準備を積み重ねることだけです。

これが「私たち側」でできることです。

それで何点とれるかは,「向こう側」が決めることです。

自分の「中」にあることと「外」にあることを分けて,「中」にあることだけに集中しましょう。

ただ,これも完璧にできれば,やはり「悟りの境地」なので,できる範囲で。

 

 

最後に完全な精神論を。

 


 

 

松本 雅典