改めまして,本試験,大変お疲れさまでした。

昨日のLIVE配信でも申し上げましたが,本試験直後の現時点での私の基準点予想を申し上げます。

 

 

過去の予想

ただ,私の主観に基づく予想は,実際の基準点からズレることも多いです。

以下が,過去9年分の予想(主観)です。

ほとんとが,本試験の当日または翌日にした予想です。

*「(  )」が実際の基準点です。

 

 

H30 H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22
午前択一 26
(26)
27or28
(25)
27
(25)
28
(30)
27
(26)
28
(28)
28
(28)
27
(26)
27
(27)
午後択一 24
(24)
24
(24)
24
(24)
25
(24)
27
(24)
24
(27)
25
(26)
25
(24)
25
(25)

 

 

以上のことを前提に,参考程度に予想基準点をご覧ください。

 

 

2019年度(令和元年度)の予想基準点

 

午前択一:26問(*)

午後択一:23問

記述  :予想できません

 

 

理由は,以下のとおりです。

 

午前択一

刑法は,少し難しかったですが(出題が予想されていなかった名誉毀損罪の出題など),他の科目はならすと例年どおりの標準的な難易度だと思います。

刑法以外だと,会社法(商法)が難しかったと感じた方が多いと思いますが,会社法(商法)は毎年難しいです。

私は午前択一で2問間違えましたが,すべて会社法の問題です。

 


 

形式は,「組合せ問題31問 単純正誤問題4問 個数問題0問」なので,近年の標準的なものです(近年は個数問題の出題が減りました)。

 

以上から,全体的な難易度は昨年度とあまり変わらないと思います。

 

午後択一

民事訴訟法が少しキツイです。

 

司法書士法の司法書士会は,予想していなかった人が多いと思います。

難しいです。

私が今のところ明確に(※各予備校の解答がまだ割れているものがあるので)間違えたのは,司法書士法の問題です。

 

不動産登記法が,最も難しいです。

1肢が長いですし,見開き1ページを使った対話問題があるなど,リズムよく解けた人はほとんどいないと思います。

 

商業登記法は,不動産登記法と比べると例年より少し取りやすいと思います。

ただ,その前の不動産登記法が難しいので,時間を残せず,取れなかった方も多いと思います。

こういうことが多いので,午後択一は「マイナー科目→商業登記法→不動産登記法」の順で解いたほうがいいです。

 

午後択一の基準点が24問未満になったことはありませんが,それがあり得る難易度だと思います。

 

記述

8年間開示請求答案の分析を続けてきた私の推測ですが,得点調整がされる年度(ex. 平成26年度)とされない年度(ex. 平成28年度)があるため,記述の基準点を予想することは不可能だと考えています。

 

 

……と記載しましたが,データに基づく予想が最も信頼性がありますので,以下のデータリサーチにご協力いただければ幸いです。

みなさんに協力いただいたデータリサーチに基づく基準点予想を,7月13日(土)(東京)と7月21日(日)(大阪)の本試験詳細分析会でします。

 

 

 

 

松本 雅典