改めまして,本試験,大変お疲れさまでした。

メールで「基準点はどれくらいになりそうですか?」というご質問が増えてきたので,基準点の予想をします。

 

 

過去の予想

ただ,私の主観に基づく予想は,実際の基準点からズレることのほうが多いです。

過去8年分の予想(主観)です。

*「(  )」が実際の基準点です。

 

 

H29 H28 H27 H26 H25 H24 H23 H22
午前択一 27or28
(25)
27
(25)
28
(30)
27
(26)
28
(28)
28
(28)
27
(26)
27
(27)
午後択一 24
(24)
24
(24)
25
(24)
27
(24)
24
(27)
25
(26)
25
(24)
25
(25)

 

 

以上のことを前提に,参考程度に予想基準点をご覧ください。

 

 

平成30年度の予想基準点

 

午前択一:26問(*)

午後択一:24問

記述  :予想できません

*昨日は「午前択一:26問or25問」としていました。

 

 

理由は,以下のとおりです。

 

午前択一

民法は,易し目の問題が多かったです。

 

しかし,憲法は,第1問(プライバシー)が2択(2or5)までしかいかない方も多いと思います。

第3問(条例制定権)が,どれだけ冷静に文章を読めたかで,憲法の正答率が変わります。

日本語の問題としても解けるのですが(そう解いた人が多いでしょうが),受験生の方が本試験の緊張状態でそれができたか,現時点ではわかりません。

 

刑法は,予想されていない自首(第25問)が出たりと(イ・ウで解けますがどれだけの方が押さえていたか),昨年度よりは少し難易度が上がっています。

 

会社法(商法)は,午前択一の中で最も難しいです。

私は午前択一で2問間違えましたが,すべて会社法の問題です。

ちなみに,第35問(場屋営業の責任)は,私の基礎講座ではオ以外は扱っていますし,出題予想会でも出る確率が高いと予想した論点なので,私の講座を受講された方はできてほしいです。

そもそも捨てている講座やテキストもある論点なので,差をつけることができる問題です。

 

形式は,「組合せ問題31問 単純正誤問題4問 個数問題0問」なので,それは基準点を上げる要素になります。

 

しかし,私は「簡単だった」といえるような問題ではないと思います。

よって,そこまで基準点は上がらないと考えています。

 

午後択一

民事訴訟法・民事執行法・民事保全法は,第1問(訴訟の承継)と第5問(再審)がキツイですが,あとは取っていただきたいです。

 

司法書士法と供託法は,全問取っていただきたいです。

 

不動産登記法が,例年どおり解きにくいです。

最初の2問(第12問・第13問)で「今年度は解きやすい?」と思いましたが,第14問から「やはり今年度もこういった問題が数問に1問はくるか……」となりました。

問題文の長さ,たまに入る難易度の高い問題によって,人によっては,2問に1問くらい間違えている感覚だったかもしれません。

 

商業登記法は,例年に近いと思います。

気づきにくい問題(第30問・第33問)もありましたが,それも含めて例年に近いと思います。

 

よって,例年とあまり変わりませんので,「24問」と予想します。

 

記述

7年間開示請求答案の分析を続けてきた私の推測ですが,得点調整がされる年度(ex. 平成26年度)とされない年度(ex. 平成28年度)があるため,記述の基準点を予想することは不可能だと考えています。

 

 

……と記載しましたが,データに基づく予想が最も信頼性がありますので,以下のデータリサーチにご協力いただければ幸いです。

みなさんに協力いただいたデータリサーチに基づく基準点予想を,7月7日(土)14:30~18:20の本試験詳細分析会(東京〔高田馬場〕・無料)でします。

 

Web択一再現

 

 

 

松本 雅典