にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村                                 

【松本による個別相談】(無料)
個別面談,電話などで,リアリスティック一発合格松本基礎講座について個別相談をお受けしています。予約方法などの詳細は,2015年対策版松本による受講相談会(無料)をご覧下さい。
 
※リアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講いただいた方(全科目か科目別かは問いません)に対しては,本試験後も松本による個別相談会(無料)を実施致します。詳細は,ご自宅に郵送された個別相談会の案内書をご覧下さい。相談会の要領は,講座専用ブログによる相談方法がないことを除いて,直前期の個別相談会と同様です。予約枠は,東京本校予約枠表(PDF)をご覧下さい。ご予約は,03-3360-3371(東京本校代表)までお願い致します。メールでのご報告・ご相談は,sihousyosi_5month@yahoo.co.jpまでお願い致します。本試験の自己採点結果のご報告もしていただければ幸いです。また。平成25年向けリアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講された方も,上記のメールアドレスに本試験の自己採点結果のご報告をいただけると幸いです。みなさんの結果も大変気になっております。

——————————————————————–

最近は,1つのテーマが数記事にわたる傾向のある当ブログですが,今回も数記事にわたっています。
「前の記事も読んでやろう」という慈悲深い方は,以下の順でお読み下さい。
どのような敗因分析をしましたか?(1)
どのような敗因分析をしましたか?(2)
前回の記事から,時間切れについての話となっています。
以下の2点を考えていただきたいです。

1. 本当に時間切れが原因で失敗したのか?
2. 事前に時間切れ対策を立てていたのか?
「1.本当に時間切れが原因で失敗したのか?」については,どのような敗因分析をしましたか?(2)に書きました。
この1が,大前提としてある話ですが,今日の記事では,「2.事前に時間切れ対策を立てていたのか?」について書きます。
2. 事前に時間切れ対策を立てていたのか?

本試験は相当な緊張状態ですし,サプライズなど想定外のことが起こりますので(今年度もありましたね),事前に時間切れ対策を立てていなければ,時間切れになって当然と言えます。
たとえば,事前に以下のような時間切れ対策を立てていたでしょうか?
※午後で時間切れになった方が圧倒的に多いと思われますので,午後について書きます。
■択一
・択一にかける最大所用時間(70分など)を決めていたか?
記述の問題は,問題を読んでみないと,どの程度時間がかかるかわからないため,択一の最大所用時間は事前に決め,それを必ず守るべきです。
合格者の方では,「午後択一は60分で終わった」という方が多くなるでしょうが,記述に時間がかかる近年の司法書士試験においては,択一にかけられる時間は最大でも70分です。
・「何分何秒でマークする」ということを決めていたか?
「何分何秒でマークする」というところまで,事前に決めておく必要があります。
択一にかける最大所用時間を70分(1問2分ペース)としたのであれば,「1分50秒,3分50秒,5分50秒・・・」でマークすることになります(マークに10秒程度かかる想定です)。
■記述
・解答を記載するのにどれくらい時間がかかるかを把握していたか?
「これくらいの記載量の答案用紙なら20分でかける」など,ご自身の書くスピードを事前に把握しておく必要があります。
そして,本試験当日,答案用紙を見て,解答を記載するのに大体どれくらいの時間がかかるかを考えます。
そこから,事案検討にかけてよい時間が導かれます。

・記述1問にかけられる時間から上記の「解答を記載するのにかかる時間」を引いた時間で事案検討を終えると決めていたか?
たとえば,不動産登記(記述)にかける時間が55分だったとして,解答を記載するのにかかる時間が20分だと判断したのであれば,事案検討にかけられる時間は最大で35分となります。
35分経過すれば,たとえ自信がなくても,解答を書かなければなりません(というか,今年度の不動産登記(記述)で,自信を持って書いた人なんてそういないでしょう)。

・答案構成用紙の作成に時間をかけない対策をしていたか?
答案構成用紙に,「◯年◯月◯日に売買契約をした」「◯年◯月◯日に~が到達した」など,事実関係などをすべて記載する方がいます。
現代の司法書士試験において,この方法で時間内に終わらせることは,少なくとも私では不可能です。
また,そこまで記載する必要は全くありません。
答案構成用紙を使用するのは問題ありませんが,「いかに答案構成用紙に記載する事項を少なくするのか?」という視点で対策を立てていたでしょうか? 
「登記事項や事実関係の多くを答案構成用紙に書き写す」という時代は,終結しました(というか,そんな時代はきてましたっけ?)
※「午後択一の全肢を読むか?」という問題は,かなり大きな問題ですので,いつか1つの記事を使って書く予定です。

松本 雅典




本試験詳細分析会
レジュメはこちら(PDF)からご覧いただけます。プリントアウトし,ガイダンスをご覧下さい。

中上級者もリアリスティック式で
レジュメはこちら(PDF)からご覧いただけます。プリントアウトし,ガイダンスをご覧下さい。平成26年度司法書士試験の不動産登記(記述)の枠ズレの採点方法(松本の推測)も示しています。

 


リアリスティック一発合格松本基礎講座(全117回)

この講座が,松本が提供する,初学者の方及び中上級者の方のための講座です(初学者の方であろうと,中上級者の方であろうと,同じ合格を目指すわけですから,学習すべき内容は変わりません)。

2015司法書士試験アリスティック一発合格松本基礎講座


本講座のガイダンスは,以下のページからご覧頂けます。特に「民法第1回講義」「不動産登記法第1回講義」「リアリスティック導入講義 民法の全体像1・2」「リアリスティック導入講義 会社法の全体像1・2」をご覧下さい。

無料体験

リアリスティック一発合格松本基礎講座の無料体験受講は,随時可能です。

詳細はこちらをご覧下さい。 



↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ