本日,令和2年度司法書士試験の実施の延期が発表されました。

 

 

 

 

※東京法務局のページでアップされたPDFのスクリーンショットですが,法務省のページにも出ると思います。(5月18日17時23分追記)法務省のページに(PDF)も出ました

 

「延期後の具体的な日程については、できるだけ速やかに決定」とのことです。

また,「受験生の皆様の負担にならないよう……余裕をもったスケジュールとする予定」とのことですので,試験日は1か月~数か月前には発表されるはずです。

 

よって,以下の対策をお勧めします。

 

 

1.答練・模試・年度別の過去問を解くのは3週間~1か月に1回程度にする

本試験形式の問題のストックがなくなってしまうのは,まずいからです。

ただし,ストックが多数ある方は解くペースを緩める必要はありません。

ご自身の状況に合わせて変えてください。

 

2.テキスト・過去問を回す回数は増やせる

テキスト・過去問を回す回数は,増やせることになります。

試験日がわからないため,どれだけ増やすか決め難いのですが,いま回しているペースを速めない程度で回してください。

ex. 3週間で1回回している方は,3週間で1回回すペースを保つ

 

3.勉強時間など無理はせずに継続できることを最優先にする

これが1番大事なことですが,試験日まで継続できるかです。

継続するためには,無理はせずに今の勉強を「習慣化のレベル」に持っていくことです。

習慣化するには,無理はせずに継続することに重きを置いてください。

なお,休んで勉強から離れることはお勧めしません

勉強から離れると,元に戻せなくなってしまいますので,かなり危険です。

 

 

かつてない事態となってしまいましたが,合格への気持ちは強く持ち,気持ちは切らさないでいきましょう!

 

 

 

松本 雅典