私がお聞きしている報告では,不動産登記(記述)は,1つは枠ズレをしている方が多いようです。

以下の枠ズレが想定されるかと思います。

 

 

【想定される枠ズレ】

第1欄

■パターン1

(1)に住所の変更の登記を入れなかった(←枠ズレ)

 

■パターン2

(1)住所の変更の登記

(2)移転の登記(←枠ズレ)

 

■パターン3

(1)住所の変更の登記

(2)移転の前提としての更正の登記(←枠ズレ?)

「甲野一郎の単有」への更正の登記ではなく,「甲野花子・甲野一郎の共有」への更正の登記

 

第2欄

■パターン1

(1)債務者の相続による変更の登記

(2)債務者の債務引受による変更の登記(←枠ズレ)

(3)登記不要(←枠ズレ)
*「(2)」と表記していました。「(3)」に修正しました(7月11日〔火〕21:06)。

 

■パターン2

(1)債務者の住所の変更の登記(←枠ズレ)

(2)債務者の相続による変更の登記(←枠ズレ)

(3)債務者の債務引受による変更の登記
*「(2)」と表記していました。「(3)」に修正しました(7月11日〔火〕21:06)。

 

第3欄

■パターン1

(1)賃借権の設定の登記

(2)登記不要(←枠ズレ)

 

■パターン2

(1)賃借権の抵当権・根抵当権に優先する同意の登記

(2)登記不要(←枠ズレ)

 

 

私は6年間,開示請求答案の分析を続けています。

近年は百数十通の答案を拝見していますので,枠ズレの採点方法はある程度推測できていると思います。

以下の大阪の分析会の私の担当が不動産登記(記述)なので,上記の枠ズレがどのように採点されるか,私の推測をお話します。

 

 

・本試験詳細分析会(無料)
平成29年7月16日(日)13:00~16:45
大阪(梅田の外部会場:コンベンションルームAP大阪梅田東・Cルーム
ご予約要(大阪本校代表06-6311-0400
13:00~14:00 午前択一 朝倉先生
14:05~15:05 午後択一 田端先生
15:10~15:55 不動産登記(記述) 松本
16:00~16:45 商業登記(記述) 小玉先生

 

 

この分析会は,予約制です。

お手数ですが,06-6311-0400(大阪本校代表)までご予約をお願いいたします。

 

この分析会は,YouTubeなどにはアップされないと思います。

 

 

なお,上記の分析会の直後に以下の出版記念講演会もありますので,合わせて聞いていってくださいね~。

 

 

・『リアリスティック不動産登記法Ⅰ・Ⅱ』出版記念講演会(無料)

平成29年7月16日(日)17:30~18:30
大阪(梅田の外部会場:コンベンションルームAP大阪梅田東・Cルーム
ご予約要(大阪本校代表06-6311-0400

 

 

出版記念講演会では,『リアリスティック不動産登記法』『リアリスティック民法』を約50%オフなどでご購入いただけます。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

こちらも,予約制となっています。
お手数ですが,06-6311-0400(大阪本校代表)までご予約をお願いいたします。

 

 

 

松本 雅典