平成27年度の記述の開示請求答案の分析が終了しました。
まず,貴重な開示請求答案をお送りいただいた受験生および合格者のすべての方に,御礼申し上げます。
平成27年7月5日の16:00まで闘いぬいたみなさんの答案に,最大の敬意を表してから,分析を開始しました。

推測採点基準の送信・送付

推測採点基準(松本作成)については,すでに送信・送付が完了しております。
以下の1.~3.の方に送信・送付されています。
1.平成27年度の開示請求答案をお送りいただいた,午前択一および午後択一の基準点を突破した受験生の方(合格者の方は除きます)
→辰已法律研究所さんから,推測採点基準(松本作成)を添付したメールが送信されています。
2.平成28年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座を全科目受講された方(答練・模試の受講の有無は問いません)

→辰已法律研究所さんから登録された住所に,推測採点基準(松本作成)が送付されています。

3.姫野先生

→松本から,推測採点基準(松本作成)を添付したメールが送信されています。
送信または送付を受けていない方は,お手数ですが,以下の手続をお願いいたします。
・上記1.および2.の方
kika15@tatsumi.co.jpまでメールをお送りください。
※件名を「推測採点基準 請求」とし,本文に氏名と住所を記載してください。
・姫野先生
私までメールをお送りください……というところでしたが,無事に届いていらっしゃるようです

  • ご注意
この後の記載は,上記1.~3.のいずれにも該当しない方は,お読みにならないでください。
推測採点基準を手に入れられない方がお読みになるのは,精神衛生上あまりよくありません。
よって,この記事のこの後の記載は,掲示板やブログなどで引用することも避けていただければ幸いです。 

上記1.~3.のいずれにも該当しない方は,ページを閉じるか,別のページに移動してください。

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ

にほんブログ村

 
フリでもなんでもありませんので,上記1.~3.のいずれにも該当しない方は,本当にページを閉じるか,別のページに移動してください。 
推測採点基準を知らずに合格する方のほうが多いので,気にされないでください。 

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ

推測採点基準の内容について

採点方法はもちろんですが,太字(ゴシック)になっている箇所,つまり,今年度の本試験で採っていただきたい対策をよくお読みください。
平成27年度の分析だけでなく,平成26年度以前の分析で重要なものは,すべて記載しました。
募集株式の発行等がどう採点されたかも記載しましたが,そういった採点方法よりも,今年度の本試験で採っていただきたい対策のほうがみなさんにとっては重要です。
また,不動産登記(記述)で新しく発見した「地雷」も記載しましたので,送信または送付を受けていない方は,ご面倒でも必ず上記までお問い合わせいただき,入手してください。
今回新たに発見しましたので,平成28年度向けの講座でも話していません。
今年もこの「地雷」がある問題設定である確率のほうが低いですが,必ずご確認ください。
 

担当講座

リアリスティック一発合格松本基礎講座

 
松本 雅典

資格試験関連のその他のブログをご覧になれます 

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ