平成28年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座は,今週末のガイダンスから民法の導入講義に入ります。
導入講義は通常の講義のように実施しますので,ご受講をご検討されている方は,松本の講義が「どんなものか?」をご覧になってみてください。

・民法の全体像①(無料・予約不要)
 3月21日(土)18:30~20:00 東京本校(東京本校の地図はこちらをご覧ください)
今年から,民法の導入講義のほとんどは,「民法の世界とは?」というテーマで講義します。
本格的な民法の学習に入る前に, 以下の項目について説明していきます。
第1章 民法が規定する世界
第2章 物権の基本
第3章 債権の基本
第4章 特定承継と包括承継(一般承継)
第5章 債権者平等の原則
第6章 債権担保の方法
 
「民法をまったく知らない方」を想定していますが,この導入講義でお話することは,民法を学習した方でも意外と知らないことが多いと思います。
たとえば,以下の問に答えることができるでしょうか。
「財産法はどのような取引社会を規定していますか?」
「物権と債権の違いはなんですか?」
「債権者平等の原則が物権によって修正されるのは,物権と債権のどのような性質の違いからくるものでしょうか?」
「民法が規定している債権(債務)の発生原因をすべて挙げることができますか?」

意外と答えられない問があるのではないでしょうか(ちょっと答えづらい問もありますが)。
興味をお持ちになった方は,民法の学習経験のある方でもぜひお越しください(私の講座をご受講する気のまったくない方でも)。
基礎講座(私の基礎講座を除く)を終えようとしている方や,複数年勉強している方で民法に強い苦手意識がある方にもお聴きいただきたい内容です。
レジュメは約50ページで,そのうちの30ページ弱が「民法の世界とは?」という内容ですので,このレジュメを手に入れるだけでも価値があると思います。
 

  • 3月24日(火)の補講に持参していただきたい教材について

3月24日(火)に,商業登記規則改正・通達・登記記録についての補講を行います(詳細は商業登記規則改正・通達・登記記録についての補講をご覧ください)。
昨日出た通達についても,この補講でお知らせします。
補講当日は,(商業登記法〔記述〕の講義のみご受講された方を除き)『Realistic Text 会社法・商業登記法』(ⅠおよびⅡ)もご持参ください。  

 
 
松本 雅典
↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ