1週間ぶりの更新となってしまい,すみません。
Twitterのほうが頻繁につぶやいていますので,「ブログが更新されていない!」と思った場合はTwitterをのぞいてみてください。



2週間前に現在リアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講中の方に先行期間のお知らせをしましたが,2週間経過しましたので,それ以外の方にもお知らせいたします。
直前期(4月~本試験)に松本の個別相談を実施します。
詳細は,辰已法律研究所さんの以下のページをご覧ください。
松本による個別相談(無料)受付

対象

・平成27年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講中の方(3期生の方)
・平成26年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講された方(2期生の方)
・平成25年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講された方(1期生の方)
  ※現在は他の講座をご受講されている方でも結構です。
・平成28年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座のご受講をご検討中の方

個別相談の方式

以下のいずれかの方式でご相談いただけます。

・講座専用ブログのコメント(3期生の方のみ)
 
・メール
※スケジュールのチェックをご希望の方は,スケジュールをスキャンしたデータなどを添付してください。

・個別面談 (会場は東京本校・大阪本校・福岡本校。事前予約制)
※大阪本校・福岡本校の日程は1日しかありませんので,ご注意ください。
・電話相談(事前予約制)
※東京本校・大阪本校・福岡本校にお越しになれない方は,電話相談をご利用ください。
※スケジュールのチェックをご希望の方は,スケジュールをスキャンしたデータなどを,電話相談の前日までに,「sihousyosi_5month@yahoo.co.jp」および「info1@tatsumi.co.jp」にメールしてください。 お手数ですが,念のため上記2つのアドレスにメールをお送りください。
個別面談と電話相談のほうがアドバイスがしやすいので,個別面談か電話相談をご選択いただけるとより有効なアドバイスができるかと思います。
 

個別面談と電話相談は以下のとおり相談枠が埋まってきておりますので,お早めにご予約をお願いいたします。
(15/3/31追記)5月3日(日)まではそれぞれ4枠増加しました(以下の予約表は平成27年3月29日時点のものです)。
(15/4/16追記)お一人につき1枠としていましたが,もう1枠とれることにしました。既に個別面談または電話相談をされた方も,もう1枠とることができます。

150416個別面談枠

お一人様30分としておりますが,「相談が早く終わった」「松本と30分も話してられるか」という方は,途中でお帰り(電話をお切り)いただいても結構です。

ご相談内容の例

ご相談内容は,以下に例示しますが,これ以外であっても構いません。
・直前期のスケジュール
・どこの予備校の答練・模試を受けるか
・答練・模試で点数が伸びない分野の対策
・特定の論点(ex.名変登記)のみいつも間違えてしまう場合の対策
・モチベーションが下がったり不安になってしまったりした場合のご相談
「今年は厳しそうだけど…」と思っている方もいるかもしれません。
そういった方でも,ご遠慮なくご相談ください。
「こんな相談をしたら…」などと気にされる必要はありません。

先行予約期間を設けた趣旨

平成28年度向け基礎講座のご受講をご検討中の方よりも,現在基礎講座をご受講中の方を優先し,すみません。
しかし,これが私のポリシーです。
「ご受講していただくまでは,講師が直接受験生の方に電話をかけてまで相談に乗るが,通信でご受講中の方のご質問やご相談はスタッフに任せる」という某大手予備校の講師のようになったら,終わりだと思っています。
「ご受講してもらうまでがお客様」の講師になったら終わりです。
通信でご受講中の方のご質問やご相談には答えず,頻繁にガイダンスをしている講師もいます。
ガイダンスは基本的には講座をご受講してもらうために行うわけですから,これも「ご受講してもらうまでがお客様」の講師です。
いずれ,こういった予備校や講師は市場から淘汰されるでしょう。
 
私は,「ご受講してもらってからこそがお客様」の精神を貫きますので,今後もご受講中の方を最優先します。
カッコイイことを言っているようですが,これがビジネスの基本であり, 「ご受講してもらうまでがお客様」の講師が異常なだけです。
  • 3月24日(火)の補講に持参していただきたい教材について

3月24日(火)に,商業登記規則改正・通達・登記記録についての補講を行います(詳細は商業登記規則改正・通達・登記記録についての補講をご覧ください)。
補講当日は,(商業登記法〔記述〕の講義のみご受講された方を除き)『Realistic Text 会社法・商業登記法』(ⅠおよびⅡ)もご持参ください。  

 
 
 
松本 雅典
↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ