講座を受講していただくにあたって,お願いがあります。

それは,「自転車は必ずご自身の力でこいでください」ということです。

 

予備校は,電車とは違います。

鉄道会社にお金を払えば,電車に乗っていれば必ず目的地に連れて行ってくれます。

しかし,予備校は,受講料を払えば,必ずその目的地(合格)に着くわけではありません。

みなさんにこいでいただく(勉強していただく)必要があります。

 

司法書士試験とは,たとえて言うなら東京から大阪までの道のりです。

 

みなさんは,東京から(ゼロから)スタートして,大阪(合格)を目指します。

もちろん,どの道を通るべきか(何をどこまで勉強するべきか)は,私が示します。

他の受験生の方が自分の足で走って目指しているところ,この講座では,他の講座では用意してくれない自転車(効率の良い勉強法)を用意します。

 

しかし,自転車はみなさん自身でこいでいただかないと,大阪に辿り着くことはありません。

自分の足で走っている他の受験生の方に負けます。

 

自転車までは用意できますが,電車は用意できません。

 

しかし,きちんとこいでいただければ,大阪にはたどり着きます。

それだけは,お約束します。

 

 

 

松本 雅典