【期間限定】「追っかけチャレンジプラスコース」(2023年度・2024年度向け)リリース

司法書士リアリスティック一発合格松本基礎講座

一昨年できた新コース「追っかけチャレンジプラスコース」が今年もリリースされました。

このコースは、以下の2つの講座がセットになったものです。

 

2023年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座

2024年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座

 

 

目次

閉じる

対象者

本コースの対象は、以下の①または②の方です。

 

 

2023年度の合格を目指す方

2023年度の合格を目指す方も対象としています。

専業で学習できる方や中上級者の方は、今からでも2023年度の合格を目指してください。

2023年度に合格すると、2024年度向けの受講料は受講済みの分も含めて全額返金となります。

仮に2023年度に合格に届かなかった方は、最新年度の2024年度向けの講義と2024年度向けに更新された教材で2024年度の合格を目指してください。

 

※2024年度向け講座が不要な方は、2023年度向け講座のみのご受講も可能です。

 

 

2024年度の合格を目指す方

初学者で兼業の方は、2024年度の合格を目指してください。

 

 

 

学習スケジュール

2023年度を目指すか2024年度を目指すかで、以下のとおり学習スケジュールが変わります。

 

 

2023年度の合格を目指す方

 

 

 

■2023年4月まで

2023年4月30日までに全講義を聴き終えるのを目標にしてください。

 

■2023年5月~本試験

2023年5月1日~本試験の学習スケジュールは、最後(憲法)の講義の最後の1時間弱で40ページ程度の「直前期リアリスティックマニュアル」を配付して説明しますが、以下のことを行っていただきます。

 

・テキスト4~5回

・過去問1.5回

・答練・模試・年度別の過去問

 

 

2024年度の合格を目指す方

 

 

 

どれくらい勉強時間が取れるかによりますが、私のお勧めは以下のとおりです。

 

■2023年4月まで

2023年度向け講座の主要4科目について以下のことを行う

 

①予習(見出し・小見出しの確認など10分程度)

②講義視聴

③テキストの読み直し(インプット重視)

 

復習は、本来は③に加えて、「過去問」「テキスト(アウトプット重視)」「追っかけ復習(ex.不動産登記法の講義の時に民法の復習)」も行います。

しかし、2024年度を目標とする場合は、2023年4月までは主要4科目の全体像を把握することが目標なので、上記①~③を行ってください。

 

■2023年5月~2024年3月

2024年度向け講座の全科目について以下のことを行う

 

①予習

②講義視聴

③復習1 ―― テキスト(インプット重視)

④復習2 ―― 過去問

⑤復習3 ―― テキスト(アウトプット重視)

⑥追っかけ復習

 

■2024年4月~本試験

以下のことを行っていただきます。

 

・テキスト4~5回

・過去問1.5回

・答練・模試・年度別の過去問

 

 

 

本コースのガイダンス動画

本コースについて、私が説明したガイダンス動画です。

 

 

 

 

本コースについての詳細は、辰已法律研究所さんの以下のページをご覧ください。

 

 

 

本講座のお申込みについては、以下のページまたは辰已法律研究所・東京本校03-3360-3371(12:00-18:00〔火曜日を除く〕)までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

松本 雅典

関連記事