例年どおり,平成26年度司法書士試験についても,記述の開示請求答案を募集いたします。
募集対象は以下の方です。
・平成26年度司法書士筆記試験の択一の基準点を突破した受験生の方(記述が採点された方)
・平成26年度司法書士筆記試験の合格者の方
小玉先生と私が分析いたします。
開示請求の方法や開示請求答案の提出方法などは,以下のページをご覧下さい。
開示請求答案(平成26年度司法書士試験・記述式)募集のご案内(辰已法律研究所)
合格者の方への御礼は,「認定考査の過去問」および「認定考査用の書籍のうち1冊」です。
択一の基準点を突破した受験生の方への御礼は,小玉先生と私の分析結果(推測採点基準など)です。
※詳細は上記のページをご覧下さい。
今年度は,不動産登記(記述)で不可解な採点をされたと感じている方が,例年以上に多くいらっしゃるようです。
私の講座の受講生の方からは,「不可解な採点をされた」というご報告はまだ頂いていませんが,他の受験生の方や合格者の方からはお聞きしました。
受験生の方や合格者の方からの話を聞くだけですと,たしかに,これまでの私の採点基準の分析からはわからない採点がされている答案があるようです。
「採点ミス」の可能性を指摘されている方もいますが,私としては,実際に(最低でも)数十通の開示請求答案を拝見するまでは何とも申し上げられません。
例年,採点基準の分析をしている講師は,伊藤塾さんの向田先生,辰已法律研究所さんの小玉先生および私だけだったと思います(※)。
※開示請求答案の募集をホームページ上でしているのは,伊藤塾さんと辰已法律研究所さん以外に見たことがありませんが,他にも,数十~百通程度の開示請求答案を集め,分析している講師がいた場合は申し訳ありません(LECさんも何かしていたようなしていなかったような。う~ん,思い出せません)。

そうすると,向田先生が伊藤塾さんとの契約を更新されなかったそうですので,例年採点基準の分析をしているのは小玉先生と私だけになります。
だからといって,「今年度の採点基準(あるいは採点ミス)がわかる!」とは申し上げられませんが,これまでの推測採点基準との比較もできますので,考えられるあらゆる方法で採点基準を探ってみたいと思います。
期待していただける方は,ぜひ開示請求答案をお送りください。
ちなみに,松本の推測採点基準は,例年どおり「平成27年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座(追っかけチャレンジコースを含む)を全科目ご受講中の方」および「姫野先生」にもお送りします。

松本 雅典
↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ