一昨日の3月30日(木)に,平成29年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座の講義(LIVE)がすべて終了しました。

この講座を選んでいただいたみなさん,本当にありがとうございました。

 

私の勝手な考えですが,この講座を選んでいただく方は,講座に対する期待が大きいと思います。

辰已法律研究所さんの規模は司法書士試験では4番目ですから,「最大手だから」という理由で選ぶ方はいないと思います。

私に期待していただき,選んでいただいたのだと思います。

そのご期待に応えられたかは私にはわかりませんが,これが今の私に提供できるすべてです。

 

講座は終了しましたが,最後までサポートさせていただきます。

下記の要領で4月~6月に個別相談を実施します。

 

*直前期の過ごし方については,憲法の講義の最後の1時間で「直前期(4月1日〔土〕~7月1日〔土〕)の学習について」という31ページのレジュメを配付してご説明しました。Webスクールには,憲法の最後の講義がすでにアップされていますので,早めにご覧になりたい方は,先にご覧ください。憲法6回目の「2:32:00~」です。DVD受講の方は,まだDVDが届いていませんが,講座専用ブログの憲法のテキストの記事の最後にレジュメをアップしていますので,レジュメのみご覧いただくことはできます。

 

 

対象

1.私の基礎講座の受講経験がある方(受講年度は問いません)

2.私の基礎講座の受講をご検討中の方

 

 

相談方法

①個別面談(東京本校・大阪本校)

②電話相談(東京本校の相談枠を使用)

③メール(sihousyosi_5month@yahoo.co.jp

*平成29年度向け基礎講座を受講中の方は,もちろん,上記以外に講座専用ブログのコメント欄でご相談いただいても結構です。

 

大阪本校の相談枠はすべて埋まってしまったそうなので,関西方面の方は,電話相談などをご利用ください。

東京本校の相談枠(個別面談・電話相談)は,以下のとおりです(3月20日〔月〕時点)。

 

 

 

相談内容

 

1.私の基礎講座の受講経験がある方(受講年度は問いません)

①個別面談,②電話相談
*平成29年度向け基礎講座を受講中の方は,「講座専用ブログ」も含みます。
→内容に制限はありません。

 

③メール

→ご相談(スケジュール,教材の使用方法,答練・模試の受け方など)となります。

法律知識のご質問は,個別面談・電話相談でお願いいたします。

 

平成29年度の合格を目指されている方は,この4月~6月の過ごし方が非常に重要です。

スケジュールや答練・模試をどのように受けるかなど,ご遠慮なくご相談ください。

また,答練・模試・年度別の過去問などを解かれた後に解き方のご相談をしていただければ,本試験で数点アップするアドバイスをできる場合が多いです。

数点で合否が変わる方がほとんどです。

 

2.私の基礎講座の受講をご検討中の方

→受講相談に限らせていただきます。

 

平成30年度向けの基礎講座をどれにしようか悩まれている方は,慎重に決めていただきたいです。

司法書士試験の講座は,受講料はほとんど変わりませんが,質は講座によってまったく違います。

お聞きになりたいこと(この勉強時間で1年での合格を目指せるのか,講義の進行方法など)を,ご遠慮なくお聞きください。

私は,勧誘することはありませんので,ご安心ください。

受験経験のある方のご相談では,お聞きした状況により(基礎講座を受ける必要がない方などには),他の予備校の講座を薦めることさえあります。

 

 

 

予約方法など詳細は,松本への個別相談(無料)受付をご覧ください。

 

 

 

松本 雅典