講座体系

 

 

7月,9月,12月などいつからでも始められるよう,講義回数は多くなりすぎないようにしています。

ただし,講義で合格に必要な知識をすべて伝えるため,少なすぎる講義回数でもありません。