*50音順です。

 

 

本試験当日の話を,不動産登記(記述)の事実関係のように時系列で書きます。

「平成29年度司法書士試験・番外編」です。

 

 

 

「今年はもっと色んな先生に話しかけよう」と意気込み日大に到着。

 

まず,以前お声をかけていただいた向田先生としばしお話していました。

経営者の方のお話はやっぱり面白いです。

 

その後,根本先生と森山先生がいらっしゃっるのを発見しました。

ただ,姫野先生が「松ちゃんに紹介するよ~」とおっしゃっていたので,姫野先生の到着を待ちました。

 

……

 

……

 

……

 

姫野先生がいらっしゃらない!

 

私は8時前に来ていたので,早すぎたんですが……。

 

そこで,「1人で行くしかない!」と決意。

講師は人前で話していますが,人見知りが多いんですよ。

 

以前,以下のようにツイートしたとおり,私はLECさんで最も優秀な先生方だと考えているので,緊張。

 

 

 

 

「私のことを知っているかな……」「『あんたダレ?』とか言われたらどうしよう……」など不安を抱きながら,根本先生と森山先生の前をウロチョロ(←人見知りは中々声をかけられない)。

 

「すみません。初めまして。松本と申します。」とカミカミに近い感じで話しかけたら,「初めまして。」と笑顔で神対応をしていただきました(よかった。私のことをご存知だった)。

 

森山先生からは,ご著書を頂きました。

 

 

 

 

 

勉強させていただきます!

 

しばし談笑。

 

 

お話していたら,姫野先生が到着しました。

 

姫野先生とは何年も前からお話させていただいていますが,お会いするのは本試験当日のみなんです。

「いつもメールをしていただいてありがとうございます!」とお礼を申し上げ,しばし談笑。

 

片口先生もご一緒だったので,初めてお話させていただきました。

メチャクチャ勉強家の先生なので,お話したかったんです。

 

 

 

少し時間が流れ,お昼に姫野先生と片口先生と再びお会いしました。

 

 

その後,向田先生と再びお会いしました。

齊藤先生もいらっしゃいました。

齊藤先生とは初めてお話させていただきました。

 

 

さらにその後,姫野先生と片口先生と再びお会いしました(←「講師を見つける名人」と読んでください)。

姫野先生が当日の検討会でおっしゃっていた「午前の基準点を27問または28問と予想している講師もいる。しかも,28問よりと言っていた。」の犯人は私です。

高すぎる予想でした。

申し訳ありません。

 

 

以上,本試験当日の思い出話です。

 

みなさん大変お忙しいと思いますが,いつか講師飲み会の司法書士試験講師編も開催したいです(他資格の先生方との飲み会もまたやりたいです)。

もちろん,1番若輩の私が,お店などを手配します。

実は,他校の司法書士試験講師との講師飲み会は,過去に何回もやったことがあるんですけどね。

 

 

 

松本 雅典