来週の6/18(土)に本試験出題予想会を行います。

本試験出題予想会

日程

6/18(土)18:30~21:50
東京本校LIVE(高田馬場。地図はこちらです)

受講料

LIVE・ビデオブース ¥2,000
WEBスクール ¥2,100
DVD ¥3,000

※ただし,2016司法書士オープン総合編を一括でお申込みいただいた方は通学部無料(通信部は実費1,000円)

担当講師

・日吉先生 
・朝倉先生
・平成27年度合格者(予定)
・松本
 

内容

予想論点 

まず,予想論点を申し上げます。
予想論点は,たとえば,昨年度の民法では9問当たっています(松本予想分)。
※さすがに「『意思表示』が当たった」とかは,申し上げません。以下のとおり,「(通謀)虚偽表示」「目的物の返還時の清算(民法189条~191条,196条)」「相続欠格と廃除」など,基本的に,テキストで数ページ~十数ページ以内に収まる範囲まで絞っています。

160330tekityuu

ちなみに,私の予想は,刑法のほうが当たります(以前のツイートをご参照ください)。

平成26年度は,全問当たりました。
今年度も,2問は当てたい……。
得点に直接つながるであろうこと  

私の場合は,予想論点に加え,論点によって以下のようなことを申し上げます。
・【○○と○○以外の代理のAランク条文・判例一覧】
代理は,近年は全般的に出ることが多いので,代理のうち論点を予想する以外に,Aランクの条文・判例をすべてレジュメに表示しておきます。
・【○○となれるかどうかの判断基準】
昨年度も,本試験出題予想会で申し上げた,こういった判断基準,共通する視点,Realistic ruleから,かなり出ました。
複数の知識を判断できる視点(いわゆる「緑の知識」)なので,論点が当たれば高確率で肢の判断に使えるのは当たり前なのですが。
・【押さえておきたい譲渡担保の未出の判例】
「譲渡担保が1問くる確率が高い」というのは,どの講師も言うに決まっていますので,過去問で問われている譲渡担保の判例は押さえているのを前提に(←押さえていない方は今から押さえてください),過去問で問われた判例の周辺判例をいくつかレジュメに表示しておきます。
予想論点を書けないので,予想論点を書かずに(譲渡担保は書いていますが)書けるものだけを記載しましたが,要は,「この講義を受けて,電車の中でレジュメを見返すくらいで得点に直接つながるだろう」と私が考えたことをお伝えする,ということです。

近日開催

イベント

・本試験出陣式(無料)
  6月25日(土)18:30~20:00
東京本校(高田馬場。地図はこちらです)

・本試験即日検討会(無料)
  7月3日(日)17:30~19:40
東京本校(高田馬場。地図はこちらです)

 

・本試験詳細分析会(無料)
  7月9日(土)14:30~18:20
東京本校(高田馬場。地図はこちらです)

担当講座

リアリスティック一発合格松本基礎講座

 
松本 雅典

資格試験関連のその他のブログをご覧になれます 

  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ