平成27年3月16日の通達により,「株式会社」の代表取締役の全員が日本に住所を有しないことが可能となりました。

平成27年3月16日民商29号
昭和59年9月26日民四第4974号民事局第四課長回答及び昭和60年3月11日民四第1480号民事局第四課長回答の取扱いを廃止し,本日以降,代表取締役の全員が日本に住所を有しない内国株式会社の設立の登記及びその代表取締役の重任若しくは就任の登記について,申請を受理する取扱いとします。

この通達では,持分会社については明記されていませんが,5月末に発売された『商業登記ハンドブック(第3版)』(試験委員である松井先生の本)のP612に以下の記述があります。

「平27・3・16民商29号通知によれば,持分会社の代表社員及びその職務執行者の全員が日本に住所を有しなくてもよいように取扱いが改められたものと解される。」

今年度の本試験も,この見解で回答したほうがいいと思います。
リアリスティック一発合格松本基礎講座をご受講中の方は,『Realistic Text 会社法・商業登記法Ⅱ』P114の「※代表社員の住所地」の以下の記載を削除し,「持分会社の代表社員及びその職務執行者の全員が日本に住所を有しなくてもよいと解される。」と改めてください。

会社の代表権を行使する自然人のうち少なくとも1人は,日本に住所地を有する必要がある(昭59.9.26民4.4974,昭60.3.11民4.1480,平18.3.31民商782)。そして,法人が持分会社の代表社員となる場合には,当該持分会社の自然人である代表社員,又は,当該持分会社の法人代表者の職務執行者である自然人のうち,少なくとも1人は,日本に住所地を有する必要がある。よって,持分会社を代表する社員のすべてが外国法人である場合(日本法人である場合も同様),当該社員の職務を行うべき者として選任される者のうち,少なくとも1人は,日本に住所地を有する者でなければならない。

また,この見解によると,過去問では,午前21-31-エの正誤が「誤り」となります。
なお,外国会社については,会社法817条1項は改正されていませんので(「会社法」ですので国会決議が必要です),従前どおり,日本における代表者のうち最低1人は,日本に住所を有する者でなければなりません。

会社法法817条(外国会社の日本における代表者)
外国会社は、日本において取引を継続してしようとするときは、日本における代表者を定めなければならない。この場合において、その日本における代表者のうち一人以上は、日本に住所を有する者でなければならない
松本 雅典
資格試験関連のその他のブログをご覧になれます
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ