先日の記事推測採点基準(松本作成)を記載したレジュメを送信・送付しましたに記載しましたとおり,平成26年度の開示請求答案の分析が終了しました。
受験生の方が最も気になるのが,「不動産登記(記述)の不可解な採点」だと思います。
この件に関する私の見解をお伝えする義務があるのは,「平成26年度の開示請求答案をお送りいただいた受験生の方」「平成27年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座を全科目ご受講いただいた方」のみです。
しかし,採点基準の分析を行っている講師は,ほとんどいません。
伊藤塾さんは,向田先生が行っていたそうですが,向田先生と伊藤塾さんとの契約が切れたことから,向田先生が行っていたことをその他の講師や教材スタッフなどが引き継いでいるのか私は存じ上げません。
そうすると,「採点基準の分析を行っている」と公言している講師は,辰已法律研究所さんの小玉先生と私だけになると思います。
そこで,残された私は,平成26年度の不動産登記(記述)の不可解な採点の“概要”だけでも公の場でお伝えするべき立場にあるかと思います。

  • ご注意
平成26年度の開示請求答案をお送りいただいた受験生の方は,貴重な開示請求答案をお送りいただきました。
平成27年度向けリアリスティック一発合格松本基礎講座を全科目ご受講された方は,平成26年度の推測採点基準(松本作成)が手に入るということで,ご受講された方もいると思います。
それだけでご受講される方はほとんどいないと思いますが,他の講座と迷っていた場合には,最後の決め手となったかもしれません。
対価(開示請求答案,数十万の受講料) を出していただいた方がいますので,「不当に低い点数がついている答案のすべてに共通している誤り」を具体的に記載することはできません。
それが対価を支払っていただいた方に対する筋ですので,ご了承ください。
よって,「共通している誤り」が記載されないことに気持ち悪さが残る方は,この先の記載を読まないでください。
本試験前の重要な時期ですので,十分ご注意いただきこの先の記載をお読みになるか判断してください。 

不可解な採点がされた科目

商業登記(記述)についても,「おかしい」と感じていらっしゃる方もいるようですが,商業登記(記述)については私の分析では解決しました。
不動産登記(記述)は,全答案を説明できる1つの基準まではたどり着けなかったので,不可解な採点の原因を確定はしていません。

不動産登記(記述)の不可解な採点の原因を3つに絞るまで

次回の記事に書きますが,不動産登記(記述)の不可解な採点の原因を3つに絞りました。
そこまでの過程は以下のとおりです。
※一応,企業秘密(?)もありますので,分析方法の大枠だけ記載します。
1.マル付けをする。
枠ズレが採点される場合も考慮したうえでのマル付けです。
2.「25.0点以上」「24.5点~10.5点」「10.0点~0点」「不可解な採点がされていると思われる答案」に分類する
3.「25.0点以上」「24.5点~10.5点」「10.0点~0点」のみ分析する
この時点で,上記2で「不可解な採点がされていると思われる答案」としたものがだいぶ減りました。
他の答案と共通する採点基準で説明できる答案が多かったです。
4.上記3を経ても残った「不可解な採点がされていると思われる答案」のみ分析する
上記3までの採点基準だけでは説明できないものですので,これに一番時間をかけました。
まず,不可解な採点がされていると思われる答案について,いくつもの採点基準を想定して当てはめました。
しかし,わかりませんでした。
そこで,不可解な採点がされていると思われる答案のみスキャンして,PCの画面上で高速のスライドショーをして,答案に共通点がないか見る作業を1週間毎日行いました(24時間行ったわけではなく,10分ほど毎日行ったということです)。
それを繰り返していたら,共通点が見つかりました。
夜中の2時半くらいでしたが,Twitterに「キタ-------------!◯◯が不可解な採点の原因だ------------!」と投稿しそうになりましたが,もう少し検討が必要だと考えやめました(もしかしたら,投稿してからすぐに消したかもしれません。そうだったら,たまたまTwitterをご覧になっていた方はラッキーですね)。


 

松本 雅典
資格試験関連のその他のブログをご覧になれます
  ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ