平成27年になりました。
本日のガイダンスでも申し上げましたが,「明けましておめでとうございます」とは申し上げません。
受験生の方と講師にとって,「明ける」のは9月30日(水)です。
「おめでとうございます」は,9月30日(水)以降に何度も申し上げます。

受験生の方へ

「昨年は満足のいく勉強ができた」と思っている方は,ほとんどいないでしょう。
まあ,そんなものです。
いたら,その人は「よっぽどスゴイ人」か「よっぽど勘違いしている人」です。
私は受験生時代,その日の勉強に満足できたことは10日くらいしかありませんでした。
今も,その日の仕事に満足できることは,月に2日くらいしかありません。
少しでも,満足のいく日を増やしていきましょう。
そして,今年の受験が1度目だろうが2度目だろうが5度目だろうが,今年で終わらせましょう。
合格すれば,「良かったことも悪かったことも,今までのすべてのことが合格のためだった」と思えます(自然と思うようになります)。
「合格まで何年もかかったのも,それは今年合格するための準備期間だったんだ」
「今まで運の悪い人生だと思っていたけど,それは司法書士試験の合格に運を残していたんだ」
「大学受験には失敗したけど,それは司法書士試験に合格するためだったんだ」
「仕事を辞めたのは,合格するためだったんだ」
「あんなダメ男と別れたおかげで,合格できたんだ」

私も,学歴がないことなどを都合よくこの試験の合格に結びつけています。
いま後悔していることも,恥ずかしいと思っていることも,「合格」という事実によって「司法書士試験に合格するためのものだった」に変わります。
私が保証します。 

松本の目標

私は講師をしていますので,もちろん,「誰もが認める日本一の講師」「年収1億円以上」を目標としています。
これらを今年に達成するのは不可能でしょうが,これらに向けて新しい挑戦を始めることが決まっています。

今年中に発表できるかわかりません。
来年になってしまうかもしれませんが,今の講師の中では,私しかいないと思っています。
理由は色々とありますが,その一つは「日本一になる」と言っている講師が他にいないからです(私が聞いたことがないだけで,いたらすみません)。
ダメでしょ。講師をしている以上,これは公言しないと。
昨年の勉強に後悔している人は(ほとんどすべての方が当てはまると思っています),年が変わるのはよい切替点になると思います。
まだ,大丈夫です。
私は受験生時代,まだこの時期に受験勉強を開始していませんでしたから。
(専業受験生であればですが)まだゼロから始めても合格できる時間が残されています。
本日1月1日と7月5日を除いて,184日あります。
人によって違うでしょうが,どれだけの可処分時間があるか数えてみてください。
まだ大丈夫ですよね?
【お知らせ】

1月17日(土)に,以下のガイダンスを実施します。
・司法書士の“リアルな”仕事・就職・収入(無料)
 1月17日(土)14:00~15:00 東京本校(東京本校の地図はこちらをご覧ください)

「司法書士事務所の初任給は月◯万円です」など,他の予備校や講師がひた隠しにしていることを申し上げますので,興味がある方はぜひお越しください。
もちろん無料ですし,ご予約も不要です。

 
松本 雅典


↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ