にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村                                 
「こんなに努力して意味があるのかな…」

受験生であるみなさんも,考えますかね。
今は考えていなくても,いつか考える日がくるかもしれません。
私は,最近よく考えます。
「受講生の方や読者の方がいるんだから,努力して当たり前だろ」と思われるかもしれません。
もちろん,それはそのとおりであり,準備に手を抜くなどということはあり得ませんが,今日の記事は,講師(商品)としての松本ではなく,私としての松本として書いているので,そう思ってお読み頂ければ幸いです。
講師としてはあまりこういうことは書きたくないんですが(講師の仕事は結果がすべてなので),この仕事を始めてから,1日も仕事をしなかった日がありません。
受験生時代と違うことは,同期の集まりや士業交流会に誘われたらよっぽどのことがない限り断らないということだけです。
あまり計ったことはありませんが,毎日17時間くらいは仕事をしていると思います。
でも,「これでいいのかな?」「(自分で言うのも嫌なんですが)こんなに努力して意味があるのかな?」って,考えてしまいます。
このブログは受験生の方がお読みになっているので,講師としては,「意味がある。必ず努力は報われる」と申し上げるべきなのかもしれませんが,毎回考えてわからなくなります。
Facebookを見ると,夏休みですから,同年代の友人は,海に行ったり旅行に行ったりしています。
それを見ると,「パソコンと本とだけ生活している自分の生活って,あっているのかな?」って思ってしまいます。
実は,こういうことを考えながら,書いたのが以下の記載です。
※今日の記事は宣伝目的で書いているわけではないので,どこに書いたかは記載しません。
努力は必ず報われるわけではありません。それは、間違いありません。しかし、次のことも事実です。

・成功した人は、常人の想像を超えた努力をした
・「努力は報われない」と言っている人のほとんどが、報われるだけの努力をしていない

また、私は次のように思っています。

・成功した人には、成功した理由がある
・成功しなかった人には、成功しなかった理由がある、又は成功する前に止めてしまった

偉そうに書いていますが,上記の記載について,書いている本人がまったくブレていないわけではありません。
毎日,「これでいいのかな?」って考えています。
正直,「自分に言い聞かせている」という意味もあります。
だから,この記載だけは,今でも何度も読み返します。
気持ち悪くて,すみません。
これだけ努力して意味があるんですかね。
まだ,よくわかりません。

【近日開催ガイダンス】

『予備校講師が独学者のために書いた 司法書士 5ヶ月合格法』出版記念ガイダンス
―すべての受験生は“独学”である―
9/7(土)東京13:00~14:00 (東京本校の地図はこちらをご覧下さい)
9/14(土)福岡13:00~14:00 (福岡本校の地図はこちらをご覧下さい)
9/15(日)大阪10:00~11:00 (大阪本校の地図はこちらをご覧下さい)
9/15(日)京都14:00~15:00 (京都本校の地図はこちらをご覧下さい)
9/15(日)名古屋17:30~18:30 (名古屋本校の地図はこちらをご覧下さい)

※詳細は,以下の記事をご覧下さい。
「すべての受験生は“独学”である」のガイダンスを全国で行います

【リアリスティック一発合格松本基礎講座のガイダンス】
※この講座が,私が提供する初学者の方及び中上級者の方のための講座です。
以下のページから,ガイダンス及び民法第1回・不動産登記法第1回の講義をご視聴できます(特に,勉強法の4・5回目,体験講義の6~9回目,本講義の民法第1回・不動産登記法第1回をご覧下さい)。
 
 

【無料体験】

リアリスティック一発合格松本基礎講座の無料体験受講は,随時可能です。
詳細はこちらをご覧下さい。 

【記述の基準点予想】
受験生の方に,記述の基準点予想のアンケートを取らせて頂いています。
昨年度は,かなり予想が近接していました(以下のページ参照)。
アンケートにご協力頂ければ幸いです。

記述の基準点予想(平成25年度司法書士試験)
 

      ↓ 司法書士試験の総合情報サイトです
realistic
リアリスティック司法書士試験

       ↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ人気ブログランキングへ
   にほんブログ村