元日ガイダンスで少しだけ申し上げ,中途半端だった話がありますので(3割はその場の思いつきで話しましたので),補足します。
それは,司法書士試験の消化試合の話です。
平成24年度司法書士試験において, 以下の点数は消化試合でした。
午前択一 34~35問正解
午後択一 32~35問正解
記述    53.5~70点
上記の点数は,合否には絶対に影響しない点数です。
その根拠は,法務省から発表された以下の情報です。
【基準点】
1. 午前択一 28問(84点)
2. 午後択一 26問(78点)
3. 記述    38.0点
【合格点】
215.0点
理論をご説明します。
合格するためには,上記1~3の要件はすべて満たす必要があります。
逆に言えば,合格者で上記1~3のすべての要件を満たしていない方は一人もいません。
ということは,合格するための要件を備えた(すべての基準点以上の点数をとった)時点で,持ち点200点はあるわけです。
それにプラスする必要があるのは,15点(=215点(合格点)―200点)です。
これが,受験界で言われる,いわゆる「上乗せ点」です。
15点上乗せしなければなりません。
逆に言えば,15点上乗せすれば,それを超える点数は合否には全く影響がありません。
すると,上記1~3の要件をすべて満たした方が,以下のいずれかを満たせば,合格が確定します。
午前択一 33問正解(28問から5問分(15点分)上乗せ)
午後択一 31問正解(26問から5問分(15点分)上乗せ)
記述    53.0点(15点分上乗せ)
ここから,冒頭で表示した以下の消化試合が導き出されます。
午前択一 34~35問正解
午後択一 32~35問正解
記述    53.5~70点
たとえば,午後択一で31問獲った方と32問獲った方の合否の可能性は,午後択一の要素からは1%も変わりがありません。
31問獲った段階で上乗せ点15点が獲れています。
上記3つの基準点はすべて満たさなければなりませんので,午後択一で32問以上必要であるということが,絶対にあり得ないのです。
このような理論構成をしていくことを「分析」と言います。
(今日のリアリスティックPC講座)
このコーナーは,あくまで私が趣味で書いているものです。
よって,見解が偏っていることもあります。
また,OS(
Windows8,Windows7,Vista,XPなど)によって使用できるものとできないものがありますが,Windows7を基準に書いています。
そのため,他のOSでは利用できないものもあります。

人によっては,1日に100通近くのメールを処理するという方もいらっしゃると思います。
私はそこまでではありませんが,メールや受講生の方からのご質問の回答などを合わせると,10~20通になります。
もちろん,内容のチェックはしますが,誤字脱字の校正をゆっくりしている時間はさすがにありません。
そこで,Wordの校正機能を使用しています。
文章を打った後,全文をコピーし,Wordを起動し,全文を貼り付け,「F7」(校正のショートカットキー)を押します。
以前ご紹介した方法を使用すれば,10秒もかかりません。
Wordの校正機能は見落としも多いですが(当然,内容校正はしてくれません),典型的な誤字脱字や文法の誤りは見つかります。
もちろん,メールはメールソフトの校正機能も使用します。
実は,この記事もWordの校正機能にかけています。
ということで,私のブログ,メール,ご質問の回答に誤字脱字がありましたら,Wordのせい………ではなく,もちろん私のせいです(笑)

【近日開催ガイダンス】
・司法書士の“リアルな”仕事・就職・収入

(平成26年向けリアリスティック一発合格松本基礎講座ガイダンス第1弾)
平成25年1月19日(土)14:00~15:00 東京本校
※詳細はこちらをご覧下さい(司法書士の年収や月収,及び,就職状況などのお話をします)。

司法書士の“リアルな”仕事・就職・収入

・「司法書士・行政書士・宅建」 3資格の取り方
(平成26年向けリアリスティック一発合格松本基礎講座ガイダンス第2弾)
平成25年2月2日(土)18:30~19:30 東京本校

2013113司法書士試験ガイダンス②

 

【記述の開示請求答案募集】
現在,記述の開示請求答案を募集しています。
詳細は,こちらをご覧下さい。

       ↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ
   にほんブログ村