私が有名であるかは別として,よく「有名税だよ」とか「そういう仕事を選んだのは,あなたでしょ?」とか「その分◯◯を得ているんだから,いいじゃん」などと言う人がいます。
もちろん,完全に間違っています。
誹謗中傷は,許されません。
倫理的には当然ですが,法的にも許されません。
しかし,現在はまだ無法地帯に近いのが現状です(将来的にはわかりません)。
有効な措置を講ずることが難しい以上,自分で防御措置を取るしかありません。
現状にそぐわない理想論を言っても,意味がありません。
現実的に考えなくてはいけません。
そこで,私の現実的な対策は,これです。
「誰にも絶対負けないアンチ松本になる」
戦後,最も誹謗中傷の標的になったと言われている方が出した結論です。
規模がまるで違うため,一緒にしては大変失礼ですが,対策として使わせて頂きます。
私の誹謗中傷をする人がいても,私のそれ以上に悪いところ,最低なところを先に見つけておけばいいのです。
誹謗中傷をされても,「その程度なの? そんなもんじゃないよ。私は,もっと松本の悪いところ,最低なところを知っているよ」と考えられれば,傷つきません。
「松本の悪いところ,最低なところを挙げろ」という戦いがあっても,数でも質でも負けないようにします。
今でも,おそらく負けないと思います。
「学歴がない」 ← 「そんなレベルじゃないよ。本気で勉強して1桁の点数を何回とったことがあるか知っているの?」
「顔が気持ち悪い」 ← 「寝起きの顔は,もっと酷いよ。見たことないでしょ? 見られたもんじゃないよ」
「性格が悪い」 ← 「ガイダンスで言っていることや書籍で書いていることなんて,ほんの一部だよ。もっと,最低だから」
「誰にも絶対負けないアンチ松本になる」―これが,今の一つの目標です。
これが,私の対策ですが,同じ対策を採れない,又は,採りたくない方がいると思いますので,私から一つ。
あなたの足を引っ張っるようなことを言ってくる人は,“一線で戦っていない”人です。
受験生だとか,合格者だとか,講師だとか,司法書士だとか,弁護士だとか,そんなことは一切関係がなく,一線で戦っている人は,分野は違えど,一線で戦っている人の足を引っ張ったりはしません。
わずかな人生経験ですが,私は一人も見たことがありません。
【近日開催ガイダンス】
・本試験まで5ヶ月 + α  「新年に誓う5ヶ月合格の『計』」
 平成25年1月1日(火)14:00~15:20 東京本校
 ※詳細はこちらをご覧下さい。

元日ガイダンス

・司法書士の“リアルな”仕事・就職・収入

(平成26年向けリアリスティック一発合格松本基礎講座ガイダンス第1弾)
  平成25年1月19日(土)14:00~15:00 東京本校

司法書士の“リアルな”仕事・就職・収入

 

【記述の開示請求答案募集】
現在,記述の開示請求答案を募集しています。
詳細は,こちらをご覧下さい。

       ↓ 司法書士試験関連のブログをご覧になれます

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ人気ブログランキングへ
   にほんブログ村